タグ:鬼と月と赤い砂漠23 ( 1 ) タグの人気記事

鬼と月と赤い砂漠23

鬼と月と赤い砂漠23

二ば毬を

 「さあ、ためらわずにあけたまえ」

 きりぎりすは、なにかが違っているような

きがしましたが、こ鬼と鬼のおかあさんの後

ろにたって、この鬼の親子がとびらをあける

のをうながしました。


 空は藍色になって

 扉は真っ赤に血がにじんだようにまんまる

にかがやいています。

 

 赤くて淡いやさしいひかりが三人をつつみ

こみました。

 「それでは、そうあなたの願いを強く願い

なさい」

 きりぎりすは目を細めていいました。

 そして、鬼のおかあさんはうなずくと、こ

鬼をもういちど背負いなおして金の鍵を鍵穴

にさしこみました。

 鍵穴はきーんきーんきーんと幾重にも重な

りあってひびきあうし、おいかけあうように

高い音をならしました。

 そして、扉は音もなく

 すうっちひらきました。

 
 鬼のおかあさんは欠けはじめた扉のなかに

一歩すすむと、辺りはただの暗闇になりまし

た。

 後ろをふりむくと、ただ赤い月がゆらゆらと

ゆれていました。

 すると、次の瞬間にものすごい風がこ鬼と

鬼のおかあさんを吸い上げ、金色の台風の目

玉が暗闇じゅうをおどりだしました。

 赤い月は一瞬強く輝く、そしてすぐあとに、

強い風がろうそくをけすときのようにきえて

しまったのです。

 そして、きりぎりすが暗闇のカーテンをど

こからか開けると幕からでてきました。

つづく
次は最終幕
[PR]
by junko-oo1 | 2007-02-06 04:01